マキシマム召喚

三位一体の究極召喚

ラッシュデュエルの新たな要素が、アニメ遊戯王SEVENSの23話で初登場しましたね。
このマキシマム召喚で現在分かっている情報は、

  • 3枚のカードで一体(一枚)という扱い。
  • マキシマム召喚の際は手札から同時に3枚のカードを出して特殊召喚する。
    ・既に召喚されているカードではマキシマム召喚の条件は満たせない
    ・フィールドに召喚されているモンスターを破壊して3枚のカードをモンスターゾーンに特殊召喚する事ができる
  • マキシマムモードの攻撃力は【MAXIMUM ATK】の記載があるモンスターの攻撃力が参照される。
  • マキシマムモード時は守備表示が存在しない。
    (MAXIMUM時には守備力の記載がありませんね)
  • レベル5、6のモンスターを召喚するためにリリースする事ができる。
    (レベル7、8は2体リリースを要求するため不可能)

マキシマム召喚は手札にキーカードを揃えて召喚する特性なので、これまでのラッシュデュエルの基本であった毎ターン手札を使い切る行動とは別の動きになるので、相手の手札が集まっている状況がマキシマムへの布石なのか手札事故なのか、新たな駆け引きが生まれますね。

天帝龍樹ユグドラゴ

天帝龍樹ユグドラゴ

アニメで登場し、はじめてマキシマム召喚をユーザーに披露したモンスター。

攻撃力4000という青眼を上回りこれまでの上級モンスターの攻撃力ラインの2500を悠々と超える攻撃力。
永続効果で罠カードで破壊されない効果。
デッキトップ3枚を墓地に落として表側表示モンスターなら破壊、裏守備なら無理矢理表側攻撃表示に変更できるという、まさに戦闘面において圧倒的パワーカード。

これまでの既存カードでの対策が難しい事が目白押し。

セブンスロード・マジシャン単体ではどうやっても攻撃力が上回らない。

レベル10のモンスターなのでレベル8以下を対象にする効果を受け付けない。
ロイヤルデモンズシリーズのカード達だとまったく太刀打ちできません。オワタ

これまでの攻撃力2500群のモンスターは大体守備力が低く、トルネや攻撃封じで表示形式を変えれば処理できましたがマキシマムモードに守備表示が存在しない為、この対策が使えません。

ダーク・リベイレイションも無力。

魔法使い族が強い時代に、これまでのカード群じゃ通用しないよと言わんばかりのメタっぷりです。

魔法使い族内での対抗手段は、風精の加護での自軍カードの強化、セブンスロード・メイジやスパークハーツ・ガールで弱体化させるなどでしょうか。

魔法カードでの破壊耐性はないので、ブラック・マジシャンと千本ナイフで破壊する事もできますね。

相性の良さそうなカード

ライトニング・ボルコンドル

デッキへの共存にも、メタにも働きそうなカードです。
弱体化効果は属性が同じであれば通用するので、光属性の高レベルモンスターを手札から落とせば対処できそうです。
ボルコンドルの効果でボルコンドルを墓地に送れば攻撃力2100ダウンでユグドラゴの攻撃力を上回れますし、手札で腐ったユグドラゴをコストにすれば相手の光属性モンスターは3000弱体化。青眼の攻撃力が0になりますね。

ハズレラッシュレア扱いを受けて相場価格が下火になってる今なら、数を揃えてもいいと思いますね。

ボルコンドル

新規サイバース族カード

アニメでネイル君が使用した手札交換カードたち。
種族が統一されるので今後の強化にも期待できますね。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA